エミとプーマの新作コラボスニーカー、オリーブグレーの上品な「ミュンスター」

エミ(emmi)から、プーマ(PUMA)とのコラボレーションスニーカーが登場。2022年3月下旬より、エミ全国直営店などで販売される。 コラボレーションスニーカーのベースとなっているのは、プーマから1973年に屋内トレーニングシューズとしてリリースされた「ミュンスター(Münster)」。サイドに配したフォームストリップやデュアルステッチなどを特徴に持つ。 エミの別注スニーカーには、通常では珍しいヨーロッパ生産のルーマニア製モデルを採用。絶妙な色出しにこだわり、オリーブがかったグレーをアッパーに落とし込んだ。ホワイトソールをコンビネーションしたクリーンかつ上品な一足に仕上がっており、春夏のコーディネートを軽やかに演出してくれそうだ。 【関連記事】:2upreme ヴィトン コピー,ヴィトン シュプリーム 財布 コピー

ティーエイチ プロダクツ x グラウンズ“ぷっくりソール”のレザーサンダル&プレーントゥ

ティーエイチ プロダクツ(th products)と、ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)のデザイナー坂部三樹郎が監修するフットウェアブランド・グラウンズ(grounds)のコラボレーションシューズが、ティーエイチ プロダクツ取扱店舗ほかにて発売される。 ティーエイチ プロダクツとのコラボレーションシューズは、宝石を彷彿とさせる透明な球体で作られた厚底クリアソールを特徴とする、グラウンズの「ジュエリー」がベース。アッパーにクラシカルなレザーを組み合わせた、プレーントゥとサンダルの2型を用意する。 「ジュエリー」を踏襲した厚底ソールは、それぞれの球体が足の動きに合わせて柔らかく動くよう設計されており、独特の歩き心地とグリップ感を実現。また、クッション性にも優れ、ふわりと浮いているような感覚を提供してくれる。 カラーは、いずれのモデルともブラックとグレーの2色を用意する。 【関連記事】:2upreme north faceスーパーコピー,RIMOWA Supremeスーパーコピー

エミとプーマの新作コラボスニーカー、オリーブグレーの上品な「ミュンスター」

エミ(emmi)から、プーマ(PUMA)とのコラボレーションスニーカーが登場。2022年3月下旬より、エミ全国直営店などで販売される。 コラボレーションスニーカーのベースとなっているのは、プーマから1973年に屋内トレーニングシューズとしてリリースされた「ミュンスター(Münster)」。サイドに配したフォームストリップやデュアルステッチなどを特徴に持つ。 エミの別注スニーカーには、通常では珍しいヨーロッパ生産のルーマニア製モデルを採用。絶妙な色出しにこだわり、オリーブがかったグレーをアッパーに落とし込んだ。ホワイトソールをコンビネーションしたクリーンかつ上品な一足に仕上がっており、春夏のコーディネートを軽やかに演出してくれそうだ。 【関連記事】:2upreme ヴィトン コピー,ヴィトン シュプリーム 財布 コピー

これらの時計のいくつかの移動アップグレードはプレーヤーに非常に直接的な影響を与えるので

バーゼル展の期間中、私は主にPatek Philippe、Rolexそして個々のキーウォッチに注目しました。展覧会には一つ一つ書くことができないほどたくさんのテーブルがあります。今日、私は展覧会で重要な運動のアップグレードに焦点を合わせることにしました。これらの時計のいくつかの移動アップグレードはプレーヤーに非常に直接的な影響を与えるので、その後、私はまたあなたに詳細な分析をする機会を探すつもりです。

1.シャネルJ12

今年のショーで最も重要なことの一つは、シャネルがJ12で独自の動きを使い始めたことです。多くのプレーヤーはなぜJ12の動きを変えることがそれほど重要であるかを言うでしょう。シャネルJ12は中国で最も売れている時計の1つなので、時計愛好家に加えて、多くの女の子やファッションの人々はJ12をとても気に入っています。 J12はしばらく中国で人気がありました、そして、値が熱の増加で上がると、私はJ12の浮き沈みも目撃しました。 J12の製造バージョンは、常に汎用ムーブメントまたはクォーツムーブメントを使用しています(J12ハイエンドモデルJ12 3125は、Audemars Piguet 3120ムーブメントの修正バージョンを使用しましたが、これはほんの一例です)。その後、J12が熱くなりすぎたため、多くの無法な要素がJ12をコピーしましたJ12は普遍的な動きを使用しているため、動きは透明ではなく、識別するのは容易ではありません。

今日、シャネルJ12は新しい自作シャネル12.1自動巻きムーブメントを装備しており、J12以降は底からのムーブメントが生まれ変わります。シャネル12.1運動の起源は以下の通りです。多くのプレーヤーはシャネルがこれらの年に多くの時計製造業者と独立した時計ブランドに投資したことを知っているかもしれません。それはこれらの時計工場と独立した時計ブランドの技術を持っています。 Chanel 12.1ムーブメントの技術はKenissiムーブメントファクトリーからのもので、上級プレイヤーはChanel 12.1ムーブメントのムーブメントからいくつかの技術的起源を見ることができるはずですこのムーブメントの技術レベルは十分に高いです。シャネル12.1移動頻度28800回/時間、カードレスの重量微調整バランス、電源70時間、天文台認証を使用してください。中央の円形の中空自動ジャイロは非常に特徴的です。この新しい動きはJ12の技術レベルを大きく向上させただけでなく、フォークテクノロジーもコピーすることができません。

2.タグホイヤーAUTAVIA ISOGRAPH

今年、TAG HeuerはAUTAVIA ISOGRAPHシリーズと呼ばれる新しいシリーズを発売しました。新シリーズの時計は、スチール製のシェル、ブロンズ製のシェル、そしてさまざまなカラースキームを含む、非常に豊富なフライトテーブルルートです。 TAG HeuerのAUTAVIA ISOGRAPHウォッチには、重要な技術的アップグレードがあります。

タグホイヤーAUTAVIA ISOGRAPHシリーズの時計はCailabre 5ムーブメント、SW200ムーブメントのタグホイヤーバージョンを使用しています。しかし、タグ・ホイヤーは、ムーブメントのバランスとヘアスプリングを交換しました。 TAG Heuerは新しいカーボンコンポジットヘアスプリングを使用しています。今日、シリコン製のヘアスプリングが普及しているため、いくつかの変更点があります。 Swatch GroupやLVMH Groupを含む多くの時計ブランドは、新しいアロイヘアスプリングを開発しています。シリコンヘアスプリングが将来の唯一の方向ではなく、シリコンヘアスプリングが将来新しい合金のヘアスプリングに置き換えられる可能性が高いことがわかります。シリコンヘアスプリングは耐磁性で耐衝撃性がありますが、その一体成形特性は、メンテナンス調整および数十年後のメンテナンス交換の点で合金ヘアスプリングほど良くありません。これが、さまざまな会社が新しい合金のヘアスプリングを開発した理由である可能性があります。 TAG Heuer AUTAVIA ISOGRAPHに採用されているカーボンコンポジットヘアスプリングは、TAG Heuerの最新技術で、軽量かつ低密度で、耐磁性および防振性に加えて安定しています。

3.発明者に挑む

長い間この時計をフォローしてきたプレイヤーは、2017年にZenithがDefy Labの時計を発表したことを忘れないでください。この時計はとてもかっこいいし、てんぷ、ぜんまいばね、そして時計全体の脱進機がシリコン製の部品全体に置き換えられています。くぼみのある文字盤から巨大なシリコン部品が見えます。このDefy Labの腕時計の時点では、スイング周波数は108,000回/時(15 Hz)に達していました。この時計が登場した時、それはテーブルの振動を引き起こしました、しかしその時に、この時計の技術的な表示は比較的強く(10個に限られていました)、そして大量生産はありませんでした。今年、Zenithはその技術を改良し続けて、Defy Labウォッチの生産バージョンであるDefy Inventorウォッチを立ち上げました。

新製品版のDefy Inventorウォッチは、以前のDefy Labウォッチと見た目も外観も同じですが、実際には多くの変更があります。まず第一に、Defy Inventorの時計はがんぎ車の歯の形状を改良し、そしてDefy Lab時計のがんぎ車は伝統的な形に傾いています。 Defy Labのスウィング周波数が108,000回/時(15Hz)になる前は、新しいDefy Inventorのスウィング周波数は129,600回/時(18Hz)に増加しましたが、従来の機械式時計の周波数は通常3Hzまたは4です。ヘルツ。新しいDefy Inventorの腕時計でスウィング頻度が上がると、電力はDefy Labの60時間から50時間に少し低下しました。

ムーブメントのコアコンポーネント、エスケープメント、ヘアスプリングのバランスをとるための技術革新は数多くありますが、ほとんどのブランドは小規模の限定生産に留まっています。ゼニスは当初から天秤輪、てんぷばね、脱進機の製造技術を開発し、このDefy Inventorを製造していましたが、量産されているため非常に牛肉と言えます。 Defy Inventorの技術は、伝統的なバランスホイール、ヘアスプリング、エスケープメントに代わるものではありませんが、この完全に革新的な技術の大量生産は、Zenithの優れた技術力を証明しています。

手首の時計が自分自身を監督し、今年設定された目標を達成するために一生懸命働きましょう

瞬く間に2019年が到来しましたが、新年に直面して多くの人が今年達成する必要がある目標を設定しましたが、もちろん昨年からは取り残される可能性があります。新年には、手首の時計が自分自身を監督し、今年設定された目標を達成するために一生懸命働きましょう。そのため、今日の監視所では、3人で2万人程度のフォーマルドレスをお勧めしていますが、見た目も費用対効果も高く、年末年始のお付き合いや次々と難題を乗り越えるのに適しています。

モンブランスターレガシーシリーズU0116522
ウォッチ直径:39 mm
ケース厚:9.35 mm
移動タイプ:自動機械
移動モデル:MB 24.01
ケース材質:ステンレス
防水深さ:30メートル
このモンブランスターレガシーシリーズは、このコレクションのシンプルで純粋な時計で、モンブランの象徴的な六角形の白い星の放射状の刻印パターンなど、このコレクションの象徴的な要素を保持しています。柳の形をした指針のデザイン、ユニークなレールのような細かい目盛りなど、現代の紳士紳士のシンプルさ。ムーブメントは約42時間のパワーリザーブを備えたMB 24.01自動巻きムーブメントを装備しています。

ボーム&メルシエクリベットシリーズ10436
ウォッチ直径:40 mm
ケース厚:10.3 mm
移動タイプ:自動機械
動作モデル:バウマチックBM12-1975A COSC
ケースの材質:スチール、ポリッシュ/サテンポリッシュ
防水深さ:50メートル
このコレクションの優雅さを維持することに加えて、昨年セレブリティによって開始されたセレブウォッチは最大のハイライトです。このBaumatic™BM12-1975Aムーブメントは、シリコンヘアスプリングと1,500ガウスの磁場に耐えることができる高性能エスケープメントを装備した、有名人の最初の自作ムーブメントです。同時に、この運動は120時間の予備力で、スイスCOSC認証も通過しました。時計のデザインはシンプルで控えめで、フォーマルウェアに最適です。

ロンジンは伝統的なシリーズを見るL2.820.5.11.7
ウォッチの直径:38.5 mm
移動タイプ:自動機械
動作モデル:L888.4動作(ETA A31.L11)
ケースの材質:スチール-18Kローズゴールド
防水深さ:30メートル
ロンジンのパイオニアシリーズのメンズウォッチは現代の男性のエレガントな選択であると言えるでしょう。白い艶消し文字盤と黒いローマ数字が互いに現代の紳士の大人のスタイルに合わせてセットされています。同時に、それはパフォーマンスと品質の面でも認識に値する。単結晶シリコンヘアスプリングは、ムーブメントで時計の精度と実用寿命を向上させるために使用されています。その精度のおかげで、時計はまた、精密時計のスイス天文台(COSC)によって認定されています。

モダンガールの黄金奇遇記

流行の女性は黄金を着用してはいけないと誰が言っていますか?誰がモダンガールはダイヤモンドしか買えないと定義しましたか?柔らかさと強靭さが共存する黄金のジュエリーに出会ったら、断れないと思います。今回のジュエリーハウスでは、ウェルドラフのワッフルの8つのジュエリーを選んで、都市女性の黄金奇遇記をお届けします。
愛によって生まれた金糸編み花の工芸はワロフの最も経典的な作品の一つです。ワロフ第三代家族の伝人ハンズペト・ワロフは1977年に妻イワのためにカーテンの紐のような柔らかな糸で滑りやすい金の糸編みのネックレスを作りました。イワさんは「恋人と親密に抱き合っているようです」と言って、柔らかいことを証明します。
BUYMA|MONCLER(モンクレール) – 人気の新作アイテムを海外通販
シャンパンの夢のブレスレットに採用されているのは華洛芙の初代金糸の花作りです。その採用したブレスレットのバックルは華洛芙の特許技術で、美観と便利と安全を結び付けました。片手で簡単に開閉できます。それぞれのバックルは四万での開閉以上のテストに耐えられます。着用時の簡易性、快適性、安全性を確保しています。
回転指轮は1997年に诞生しました。これも华洛芙の代表作の一つです。ドイツのニュルンベルクの「美泉塔」の底にある「願いの輪」から生まれたデザインだ。リングを3回転させると夢がかなうと言われていますが、それはワッフルの指輪に「守る」という意味を与えています。明るいハートの回転指轮に采用された寒いエナメルは光り辉くローヴによって独自に开発され、黄金に沿って展开され、坚固で耐摩耗性があり、色が鲜やかで透明で、异なる影响効果が见られます。
すべての华洛芙の回転指轮は微雕刻された18 K金と色鲜やかな寒いエナメルで构成されています。ドイツの金工大師は硬い18 K金上で手制で生き生きとした守护天使を雕刻しています。カールの髪、豊満の翼、可愛の顔は全部華洛芙が最高の技術に対して怠らない追求を表現しています。小さな天使は、指の間に静かに横たわり、指輪を見守っている主人や、指輪を見守っている主人の気になる人たちです。
ワッフルは唯一の終身無料修理サービスを提供するブランドです。普通、ワッフルのコールドエナメルの指輪は変形しても壊れないです。変形と摩耗があると、ワッフルは一生無料で修理できます。
私の時間を享受して金の糸を編む花のネックレスは華洛芙の第二世代の金の糸が花の工芸を編むので、きわめて複雑な手工芸で、ネックレスのもとからある基礎の上で平均的な閃光のノードを増加しました。光が首にこぼれた時、優雅で含蓄があります。まるでダイヤモンドのネックレスが敷き詰められているかのようです。太陽の下の海面が波のように輝いています。それをかぶると、あなたは会場で一番輝いている人になるかもしれません。
本当の喜びのイヤリングの上の18 K黄金のフリンジは同様に第2世代の金の糸を採用して花の技術を編みます。各フリンジはいずれも歩調に従って歩きます。イヤリングにはザクロ色の冷たいエナメルが飾られていて、マーク的な「W」マークと合わせて、ダイヤが輝いています。イヤリングのバックルは簡単に操作できます。一つのイヤリングは様々な装着方法を実現できます。
愛の宣言金の糸は花のネックレスを編みます三股の華洛芙の第2世代の金の糸から製造して、上は1粒の0.97カラットの高品質のダイヤモンドを象眼して、そして標識性の“W”でダイヤモンドを飾ってぶら下がってぶら下がります。愛の宣言金糸の花のネックレスを編むのは比較的に靭性があって、自分の弧度があって、しかし非常に首にぴったりと合って、身につけてきわめて心地良いです。
https://www.atcopy.com/moncler
2017年、金糸編み花のネックレスの誕生40周年を祝うために、華洛芙は多くのお客さんの提案を聞き、第四世代金糸編み花工芸を発表しました。初めて金糸編み花工芸に角を入れました。一切化は繁雑で簡単で、新しい時代の女性の独立自由を表現します。純粋な喜びの金の糸は花のネックレスを編んで第4世代の技術を採用して、簡潔な設計はそれに異なっている円の装飾を組み合わせて豊富の全体の造型にすることができます。華洛芙のK金は市場の他のK金と違って、独特の、ほんのりと赤いほのぼのとした暖かい色合いの黄金です。
ジュエリーを見ればどのブランドから来たのかが分かります。もうベテランのジュエリーマニアです。しかし、華洛芙は触れたり付けたりするだけで、すぐに「華洛芙から来た」と思うようになります。これは私達が探しているユニークで思いやりのある存在ではないですか?

ユニークな仕掛けがいっぱい!

2018年11月10日(土)まで阪急うめだ本店9階の阪急うめだホールにて開催中の『I LOVE MAX MARA』展。「マックスマーラ」の創業時から現在に至るまでのヒストリーを網羅した見応えたっぷりの展覧会は、プロジェクションマッピングを駆使したディスプレイも話題沸騰! オープン前日の10月25日(木)には、「エル」のインフルエンサーを招待したエクスクルーシブイベントを開催。おしゃれガールが集結した展覧会をリポート
MONCLER|メンズ服のインポートブランド サカゼン公式通販サ
1951年にレッジョ・エミリアで誕生した「マックスマーラ」。創業者アキーレ・マラモッティは、オーダーメイド中心だった当時のファッション界に既製服のアイデアを持ち込んだ革新的な人物。以降、現在に至るまでアイコンである“テディベアコート”を筆頭に、美しいコートを作り出すブランドとして多くのファンをもつ。その先進的であった創業時の1950年代から展示がスタート。年代ごとに分けられたブースには、当時のコートやスケッチ、トワルが展示され、シルエットの変遷を見るだけでも興味深い。
’60年代には大衆化と消費者のニーズに合わせ、工場でのコートの大量生産が可能となる。’70年代にはカール・ラガーフェルドやジャン・シャルル・ド・カステルバジャックなどの外部デザイナーを招聘した実験的試みを行い、ますます革新性を高めていった史実が、当時のキャンペーン写真と共に紹介される。’80年代にはついにアイコンコートである“101801コート”が生まれ、その後、サラ・ムーンやマリオ・ソレンティ、リチャード・アヴェドンなどの写真家やウィリアム・ウェグマン、やなぎみわといったアーティストとコラボレートし、今日の「マックスマーラ」へと繋がる道のりが解説されている。当時のブランドCMや、コートの製造工程をスタイリッシュに表現したムービーなど、ついつい見入ってしまうアーカイブ画像&動画がたくさん!
https://www.atcopy.com/moncler
そして、今展のハイライトは世界中のセレブリティから愛される“テディベアコート”を再現した、高さ5メートルのディスプレイ。この巨大コートにプロジェクションマッピングを連動させ、美しい映像が映し出されるという圧巻の展示方法は必見。タッチパネルの操作で3パターンの映像が見られるので、ぜひ全部トライしてさまざまな表情のテディベアコートを楽しんで。